■2018/7/3(火) :  毎日放送ラジオ「ありがとう浜村淳です」に出演

MBS毎日放送ラジオ「ありがとう浜村淳です」に出演いたします。
加野景子は午前9:45頃に出演予定、生出演です!

ありがとう浜村淳です (ラジオ番組)
MBS毎日放送 AM1179 / FM 90.6


■2018/1/8(月) :  FMはしもと「はしもとワイドモーニング」に出演

和歌山のラジオ局、FMはしもと「はしもとワイドモーニング」に出演いたします。

はしもとワイドモーニング (ラジオ番組)
FMはしもと 81.6MHz AM8:00-9:45 
※加野景子出演回OAは2018年1月8日です!
生放送 パートナーはワンネス・カレン(一 花蓮)さん。
こちらのサイトより、受信エリア外でも世界中で聴くことができます。

 

■2017/11/3(金) :   NYよみタイム誌にインタビュー掲載

ニューヨークの情報誌『よみタイム』誌にインタビュー記事が掲載されました。『よみタイム』誌サイト内の記事へのリンクはコチラです。

■2017/10/25(水): Al Jazeera にてインタビュー放映

10月21日に行われたコンサートの様子と加野景子へのインタビューがアラブ系衛星テレビ局 Al Jazeera にて放映されました。下記タイトルをクリックしていただくと、映像をご覧いただけます。
(1:40辺りから加野景子へのインタビューシーンです。)

“US classical musicians try to strike a new chord with youth”
by Gabriel Elizondo

■2017/9/9(土): Barry Plaxen氏によるコンサートレビュー

Barry Plaxen’s Review of Sullivan County Chamber Orchestra’s “Dances and Serenades”
September 9, 2017
Eugene D. Nesin Theatre
Monticello
It’s the dynamics, stupid!
(Below is the excerpt from the complete review.)Artistic qualities abound when the SCCO performs.  Those qualities: piano, forte, crescendo, decrescendo, ritardando, accelerando, sostenuto, etc., etc., etc., are what I mean by dynamics, and as I meant in the review title, that is what makes the SCCO excel. Or in other words, with the SCCO, it’s all about phrasing, phrasing, phrasing!
Being a chamber orchestra without a conductor enables each member to offer input to the way the music is performed.  And this 11-piece ensemble brings out all the beauty and magic inherent in the music. You cannot ask for anything more than “how” they perform. Led by concert master Eiko Kano, they are real music-makers, phrasing their way with a plethora of ubiquitous dynamics, giving us everything the three inspired, great composers would wish their music to say to us and do to us.
Kudos to Artistic Director (and double bass) Andrew Trombley and to Orchestra Manager (and violin) Akiko Hosoi who have assembled musicians from the local region and from (mostly) NYC.  We can be proud to call this orchestra “our own”. It ranks among the finest of our regional cultural icons.

指揮者なしのチェンバーオーケストラにおいては、一人ひとりのメンバーが供するインププットが演奏の在り方に与える影響は極めて大きい。
そして、この11名からなるアンサンブルは、音楽作品が脈々と受け継いでき
たあらゆる美と魔力を引き出した。
今宵の演奏について、彼らに”如何に演奏すべきか”などと問うべきではない。
コンサートマスター加野景子のリードのもとで彼らは真の音楽家であり、至る
ところで溢れ出すダイナミックスによって奏でられるフレーズは、今宵演奏さ
れた3つの作品それぞれの偉大な作曲者が私たちに問いかけ、働きかけようと
したことのすべてを代弁しているかのようであった。

■2017/3/3(金): NYジャピオン誌にインタビュー掲載